免許の更新

昨日は仕事を早めに切り上げさせてもらい免許更新に行ってきました。ただ、免許と言っても車やバイク、仕事で必要な鍼や灸なんかの資格ではなく船舶免許の更新です。4年前に何となく勢い任せで取ったのですが、こちらは5年で更新しないといけないので、その1年前からの4年目から更新手続き講習を受けることができるのです。講習時間は1時間ほどで終わります。今回は新しく変更された交通法などを中心に講義があり簡単な視力検査等を受けて終了しました。次回の更新は6年後になります。(今回は更新を1年前の4年目にしたので)因みに免許の更新を忘れると失効になり船やジェットバイクには乗れなくなりますが取消にはなりません。失効後に講習を受ける場合は講習時間が約2時間半に延びるだけです!新しい免許は1週間ほどで自宅に郵送されるのですが、昔のようにラミネートされた簡素なものではなく、プラスチック製のホログラムが入ったカード型の免許になるためタイムラグがあるみたいです。この理由の1つが一説によると、某「ざわざわ‥」する藤原竜也も主役を演じた原作マンガで偽造し易い一番の国家資格としてこの船舶免許と描かれた事が原因と言われているからだそうです。

船舶の通行区分は世界共通で「右側通行」と決められています。それから2馬力までのボートで池や湖(塩水でない所)でなら免許を持っている人が隣に乗れば運転は誰でも出来ます。但し、車のように停車(泊)中で他の船等に追突されても過失割合が10対0になる事はルール上ありませんので注意が必要です。なので、バス釣りなんか行かれる方も注意が必要です。ライフジャケットも義務です!車の事故の場合は自賠責(強制保険)や任意保険があり当院の様な接骨院でも自己負担なしで治療を行うことが出来ますが、船舶の場合は現状、保険自体はありますが自己負担については掛かってくるので併せて注意が必要です。

東山エール接骨院